最近、北欧住宅にお住まいの友人の家に訪問しました。
うちから、車で20分ほどかかるところにあるお家でした。

自宅でフラワーアレンジメントを教えている彼女のお宅はリビングが広々としていました。
聞いたところによると北欧住宅には廊下がないことが多いそうです。廊下がない分部屋と部屋がつながっていて、広々とした感じになるそうです。
窓が大きくて明るく、吹き抜けになっているためたての空間も広々と感じられました。

彼女が北欧住宅を選んだ理由には木のぬくもりへのこだわりもあったそうです。
北欧住宅でありながらたたみのお部屋もあり、うまく北欧スタイルと和室がブレンドされているお宅でした。この家に住むようになってから、冬でも日差しがポカポカと入ってくるために、家の中が温かいそうです。さすが北国向けに作られているお家なのだなあと思いました。日本でも北海道や東北の気候に特に適しているのかなとも思いました。
以前に北欧住宅はアフターメンテナンスの際にも材料を輸入するためにコストが高くなると聞いたことがあるのですが、現在では住宅メーカーさんも国産の材料と輸入材料を適材適所で用いるようになってきているそうです。素敵なお家に訪問させてもらい良い経験になりました。

ビタブリッドc ヘアーがオススメです。